TOMYAM JOURNAL

世界の片隅でしたためる個人備忘録

[書籍]「デモクラシーの宿命」、「ホモ・サピエンスの15万年」

「デモクラシーの宿命」 

猪木武徳 著

 

民主国家と独裁国家とどちらの国で生きて行きたいかと言われればまあ民主主義の国だろう。それは個人の自由と権利が認められているからだ。ただそんな民主主義、デモクラシーも完璧ではない。本書はその欠陥の部分に焦点を当て、歴史を学ぶことでそれを保管することの大切さを指摘している。

 

デモクラシーとは自分たちの所属する社会の方向を代表者を立てて議論をして決めて行くことだ。多数決と言ってしまうと完全ではないが大部分を占めていると言ってもいいだろう。本書で指摘しているデモクラシーの欠陥とはその周りと同じ考えから外れることが避難の対象になることだ。それは同調圧力だ。さらにエスカレートするとポピュリズムになる。ポピュリズムとは人々の感情に訴え祝祭性を帯び、一体感を助長する。そのリズムに乗れないとノリが悪いものとして鼻つまみ者になってしまうのだ。以前、チャップリン本に書かれていたように、人々は思考よりもリズムで動いてしまう。リズムは思考を超えてしまうのだ。

思考するのは知識も忍耐力もいる。他者を理解するという寛容は我慢を強いられる。それらに耐えられず感情任せに声をあげられればそれは楽だろう。

しかし感情任せのポピュリズムのたどり着く先は自他を含めた利益の拡大の停止だ。または短期的な利益を追求するあまり、長期的には人間社会が野蛮化も懸念される。

これらを防ぐには抑制の効いた粘り強い姿勢が必要だと著者は説く。

 

デモクラシーの社会では平等化が進む。それは人々を孤立、内省的にさせ、つながりを薄めていく。さらにテクノロジーがその作用を増幅させる。分断された人々は知性や心を育むことをおろそかにする。

 

 

 

ホモ・サピエンス15万年」 

吉澤拓郎 著

 

人類生態学文化人類学のように科学の視点から人類を見ることは、差別のない理解ができるようになる。

私たちの住む人間社会は男女、肌の色、文化、などそれぞれの間にある差によって対立する。そこに分断が起こると差別という問題になる。

本書では人類はこれらの違いによって二項対立するものではなく、スペクトラム、連続体という視点で見ることで差別という意識はなくなるのではないかと説いている。

 

生物学、医学、地理学、社会学など様々な科学的視点から我々は我々はホモ・サピエンスという一種類の人種をベースに全員うっすらと繋がっている。肌の色や体格、性別の違いは個々の遺伝子の違いによって生まれた細やかな違いでしかない。

 

多様性という言葉が浸透して久しい。個々の差別をなくし、違いを認め合い受容することの大切さを表す言葉だ。先に書いたスペクトラムという視点も多様性をより意識させるための言葉だ。多様性とは社会学レベルから生物学のレベルまで見ることができる、生物の生存戦略だ。

あるグループの全員が全く同じ人間で、考え方も、病原菌への耐性も、何もかも一緒だった場合、環境が変化した際に全滅してしまうリスクがある。しかし、全員がそれぞれ個性を持ったグループならば、何人かは生き残る可能性がある。

 

そもそも、生物がオスとメスにわかれて性交することで子孫を残すこと自体が多様性だ。無性生殖により繁殖する生物がいるがそれらの子は皆母体と全く同じ遺伝子をもつクローンだ。無性生殖で繁殖した場合、環境が変化すればクローンもろとも自然淘汰されてしまうリスクがある。有性生殖の生物は性交により異なる遺伝子を受け入れることで環境変化への耐性を増やすことができるのだ。

 

では、子供を持たない人はこの多様性に貢献していないのか。著者は、それは誤解だと指摘する。

スペクトラムとは一種類の生物が示す多彩性だ。全ての人類が同じ遺伝子を持っている。世界中の誰かの子供を残せば、どれだけ姿形が違っても、あなたの生命を次世代につなぐことと同じことらしい。

 

 

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム

アヴェンジャーズ・エンドゲーム直後、トニー・スターク(アイアンマン)がいなくなっても世界には次の脅威が襲いかかる。ピーター・パーカー(スパイダーマン)は修学旅行で好きな女の子と話がしたりごく普通のティーンエイジャーがするような生活を送りたいと願いつつもアイアンマンの後を継ぐヒーローとしての自覚と責任を試される。

 

前作では力を手にした少年が自分もヒーローになることに憧れ、アヴェンジャーズの一員としてスタークに認めてもらいたいがために気持ちが先走って失敗しながらもヒーローとしての資質を証明した。

 

今作は父親のような導いてくれる存在であるスタークを失い、さらにその後継者としての重圧がのしかかる。その重圧から逃れたいがため下した判断で、ピーターは世界を危険にさらす失敗をしてしまう。ヒーローは自ら判断し、それが正しいことなのか常に葛藤し続けなければならないという現実に直面する。これは現実社会で人が大人になることと重ねることができる映画だった。

 

ピーターはまだ自分は力不足だと、スタークが自分に託した形見をミステリオに渡してしまう。しかし、責任を全うするかどうかは実際に力があるかどうかはあまり関係ない。

修学旅行の引率のハリントン先生は、うだつの上がらないアンラッキーな中年男だ。彼と生徒たちは旅行の先々でトラブルに巻き込まれるわけだが、同僚のデルが責任を押し付けてくるなか、なんだかんだハリントン先生は頼りないながらも生徒の安全を守るという責務を全うするために奔走するのだ。スパイダーマンが彼の仕事ぶりを目の当たりにする機会がない(なぜなら戦っているから)のはあまりにも残念だ。

 

MCUの映画はストーリーの展開で御都合主義的なところが目立つ。アクション映画だしアクションシーンが及第点ならいいのかもしれない。しかし、ピーターが黒いスーツを渡される際に、金髪美女のエージェントからその場で服を脱げと言われ従いタイミング悪く生徒の一人に見つかり写メを撮られるというのはその後のサブテーマとしてのSNSフェイクニュースの話の展開のためとはいえ無理矢理だった。

[書籍]身体感覚で『論語』を読み直す

身体感覚で『論語』を読みなおす。: ―古代中国の文字から― (新潮文庫)

安田登 著

孔子によって書かれた人生指南書。論語

孔子が生きた時代に存在していた文字と現在普及している漢字との乖離に注目している。例えば「惑」という漢字は孔子の時代には存在しなかった文字だ。よって現在この「惑」という漢字を使って伝えられている孔子の言葉は孔子が本来意図していたこととズレが生じているだろう。その前提で本書では本来使われていた文字に当たることによって孔子の言葉の本来の意味の可能性を探求している。

 

身体感覚で読み直すとはどういうことか。それは孔子が生きた時代に使われていた文字、つまり漢字の原型である象形文字の造りに注目することになる。例えば「手」とは人間の手を模した形というように漢字の原型は絵による表現だった。「鳥」や「木」のように動物や植物の形をもとに作られている文字もあればもちろん人間の身体や仕草から作られたものも多く、こと論語で使用されている文字のほとんどは身体由来の文字で書かれている。つまり孔子の時代の文字とその成り立ちに注目すると孔子が伝えようとしたことはより身体的な表現なのではないかということだ。

 

この孔子の時代の文字と身体感覚に注目して論語を解体してくような解説で特に面白かったのは「心」の存在だ。孔子の時代にはすでに「心」という文字はあった。しかし、まだその時点ではその文字が作られてから500年程度しか立っていなかった。人間が「心」の存在に気づき、それをどのように扱えば良いか理解するにはまだ日が浅かったのだという。(500年という時間は人間一人にとってはとても膨大な時間で、つまり十分時間あったじゃんと思えるが人類の歴史的にみると短いものらしい。)孔子論語は「心」の扱い方を身体の使い方によって学ぶ書だ。

 

だからこそ孔子の時代の文字の形に注目し、どのような身体の作法で心を捉えるのかという視点で読み直してみようというのが本書の趣旨なのだ。

 

身体感覚で『論語』を読みなおす。: ―古代中国の文字から― (新潮文庫)

身体感覚で『論語』を読みなおす。: ―古代中国の文字から― (新潮文庫)

 

 

 

tomyam9.hatenablog.com

tomyam9.hatenablog.com

 

そら豆とパルメザンチーズ

f:id:hiroki07fuji:20190527213710j:image

  1. そら豆をサヤから取り出し、外皮に切れ目を入れて茹でる。電子レンジで2分程でも代替え可。
  2. 好みの硬さに茹でたら外皮を外す。
  3. オリーブオイルをフライパンで熱しそら豆を入れ、サッと炒める。
  4. そら豆の表面がカリッとしてきたらパルメザンチーズを振る。チーズが少し焦げるまで待つ。
  5. 皿に写してブラックペッパーを振って出来上がり。

 

f:id:hiroki07fuji:20190527123350j:image

父親の畑にて。これからの時期野菜はものすごい勢いで育っていきますね。そら豆はほぼ毎日収穫しないと追いつけません。毎年食べきれなくて3分の1ぐらいは収穫できず仕舞いなんですよね。それでもそら豆はサヤの一つ一つの大きく、さらに一つの枝からたくさん実るので豊作感がどの野菜よりもあります。色も映えますしね。もちろんほかの野菜も勢いよく育っているので家庭菜園など趣味で野菜を作っている人たちはこの時期は楽しいでしょうね。

当方は、貰うだけですが。

 

 

最近読んだ本と感想メモ 2019.5

「火花」 又吉直樹

現代のお笑い芸人の生き方をテーマにした小説。芸人というのは職業というようりも生き方であって、笑いとは何かをストイックに追求する姿はどこか退廃的だ。

 

火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

 

 

「知の転覆」 橋本治

前書きに印象的な一節があった。

それはヤンキーとそうでないもの(本書では大学出と一応呼称している)の定義だ。

物事の判断基準は「自分の経験したことだけで、その判断基準を広げるということをしない。」これがヤンキー。

一方、これに対する大学出とは「経験値を用いずに、全て知識だけでジャッジする人」だそうだ。

題名の知の転覆とは、このヤンキーが増えていって深く考えることが疎まれている時代だよねということをスパッとわかりやすい文章で説明してくれるエッセイのようなものだった。

 

 

「物語 ドイツの歴史」阿部謹也

ザ・ドイツ史。宗教革命とナチスドイツ時代について知ろうと思って買った。ドイツは位置的にも国の大きさ的にもヨーロッパの中心。その歴史を還見れば民族間や、宗教観の争いの歴史だ。その国の歴史の中にある呪術的なものが現代のその国にどのように残っているのを観察する。ヨーロッパだけでなく世界中でナショナリズムが盛り上がり、ごちゃごちゃになっている。ここ十数年のグローバリズムからの揺り戻しなのだろうか。

 

この二冊は偶然にも「ナショナリズム」というキーワードで共通したテーマがあった。

 

物語 ドイツの歴史―ドイツ的とはなにか (中公新書)

物語 ドイツの歴史―ドイツ的とはなにか (中公新書)

 

 

「発酵文化人類学」 小倉ヒラク

身の回りのどんなのもに発酵が存在するあをナビゲートしてくれる本。発酵には長い歴史と伝統がある。そこには発酵技術の積み重ねもある。しかし、人類はまだ発行の全貌を把握していない。それゆえにまだ新たな発見の可能性があり、最先端の科学技術の研究対象でもある。

発酵とは菌の働きのことだ。菌は場所によって種類も働きも千差万別である。味噌は菌の発酵によって作られるが作る場所の違いによって風味がわかりやすく変わる。それらは菌の働きに任せるオーガニック的な菌との付き合い方だが、一方菌を飼いならし、その働きを人為的に設計しコントロールすることもある。

人類はこの二つの関係性の間で揺らぎながらも未知の世界を少しずつ掘り下げていく。

 

手前味噌作りワークショップの人気が示すように、ものを買って消費する楽しみから体験型の楽しみを求める人が増えていると聞く。その流れと昨今の発酵ブームは無関係ではなさそうだ。

情報過多の現代における「サムシング・ニュー主義」へのカウンターとして「サムシング・スペシャル」へ移行している。

 

 

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

 

 

 

tomyam9.hatenablog.com

 

チャップリンとヒトラー メディアとイメージの世界大戦

チャップリンとヒトラー――メディアとイメージの世界大戦

大野裕之 著

「笑いは狂気に対しての安全弁となるのです。」

 

同時代を生きた、喜劇王と独裁者。喜劇王チャップリンが50歳位を超えて製作した『独裁者』はヒトラー率いるナチスが支配する全体主義の世界に対する批判を描いた映画だ。本書は『独裁者』ができるまでのチャップリンの遍歴と社会背景の解説を軸にして、同時代ナチスヒトラーが用いたメディア戦略との対比を考察している。

チャップリンは喜劇を作ることで何と闘ってきたのか、アメリカや、母国イギリスからの理解を得られないながらも自ら資金を投じて『独裁者』を作ることにこだわったのは何故か。それは個人の自由を愛した、チャップリンの人生が始終権力者対弱者の闘いだったからだ。

 

それではその闘い方とはどういうものだったのかというと、喜劇王という名の通り、チャップリンの武器は「笑い」だった。苦しく暗いときにこそ笑いが人を救うと信じていた。チャップリンの映画の代表作といえば小柄でチョビ髭の放浪紳士チャーリーのドタバタ劇のサイレント映画だ。チャーリーは社会の底辺に暮らす弱者を象徴している。チャップリンの映画はそんな弱者と権力者との闘いやときには機械社会が進むにつれて個人の人間らしさが失われて行く社会を風刺しているものが多い。そんなチャーリーが権力者たちといたちごっこをしたり工場の中で右往左往するドタバタ劇を見ることで、観客は実際の社会のおかしさを笑いながら実世界に潜む狂気を認識することができる。

チャップリンは作り物のフィクションだからこそ真実を浮かび上がらせることができるという映画の機能を熟知していた。

 

映画の主流はサイレントからトーキーへ移る。

 

この技術の進歩はヒトラーに追い風となった。ヒトラーはその演説の巧みさで自身を神聖化させカリスマとなった。トーキーの技術はプロパガンダとして使用された。ナチスは演説をするヒトラーの姿を大量に複製し全国にばらまいた。ユダヤ人への恐怖を捏造し、政策を宣伝し、世間を興奮状態にすることで求心力を高めていった。そして、この映画によるメディア戦略がナチスを政権の座につかせる大きな要因となった。ヒトラーも映画というメディアの機能を熟知していた。政策を伝えるということよりも力強い総統のイメージをより多く世間の目に晒すだけでメッセージとなるというメディアの持つ宣伝の側面を巧みに利用した。

 

一方、チャップリンは『独裁者』のラストの演説で初めてチャーリーに声を与える。ヒトラーを模した姿のチャーリーの演説はチャップリンが長年戦ってきた全体主義や権力者による圧政、もちろん明確にヒトラーナチスに対する批判だった。本人が自称する「平和の扇動者」という言葉通り、平和を煽る演説と言える。


great dictator speech charlie chaplin

 

 

本書ではメディアには毒があると書かれている。それはたとえ真実を写したと謳っているドキュメンタリー映像でさえ、人の手で編集された時点で恣意性が生まれてしまう。それがメディアの持つ毒ということだそうだ。それを見る側はそこに「誰が何を語っているか」ではなく「誰が写っているか」ということだけを簡単にメッセージとして受け取っていまうものらしい。チャップリンはその毒を使ってヒトラーの毒を制するために『独裁者』を作ったのだ。

 

著者は本書にこう記している。

『独裁者』をめぐる闘いは、メディア=毒を駆使して頂点に上り詰めたヒトラーチャップリンによる、メディアにおける闘い、チョビ髭を巡っての闘いだった。

 

 

 

コーヒーと日本人の文化誌: 世界最高のコーヒーが生まれる場所

コーヒーと日本人の文化誌: 世界最高のコーヒーが生まれる場所

 

文化人類学者、メリー・ホワイト氏による日本文化の解説書。

日本のコーヒーとカフェ文化の変遷を紹介していて、日本社会でのカフェとコーヒーの存在を俯瞰できる一冊。

 

まず、コーヒーという飲み物はカフェという空間と切っても切り離せないということが紹介されている。

コーヒーとは革新性のある飲み物であり、日本で最初に喫茶店ができたのは1880年代。西洋の文化を紹介する場所として登場した。以来、カフェ、喫茶店は新しい文化を体験する場所として受け入れられている。昨今、新たにできているカフェを見ていても、それらは「外国にあるものを日本にも」というような意図が現れている。文化の輸入だ。このように新しい文化を紹介する場所としての役割は今日も引き継がれていると言える。

また、日本はカフェ文化を取り込み、独自の文化にカスタマイズして発展させた。初めは外国文化を学ぼうと輸入されたカフェだが、日本人はカフェを外国風の珍しい空間を体験する場所というものから日常生活において機能的で魅力的な場所として訪れるようになり、やがてカフェは日本のものになった。

 

そこから日本にとってのカフェの役割は社会の変化とともにどのように変化して行ったのかを紹介している。

 

その中でも「なぜ緑茶は公共空間から遠ざかったのか」という日本の茶文化にも触れつつその対比が面白かった。

今日、緑茶は家のような私的空間で飲まれるものになっている。または、飲食店でサービスに含まれるものだ。6世紀には中国から伝わって来た茶は芸術的な商品として定着し、後に治療行為と結びつき、その後16世紀には一般の人々の生活に欠かせない飲み物となっていた。

茶を提供する茶屋は人々のコミュニケーションの場であり、それは今日のカフェの機能と同じだった。19世紀後半までにコーヒーとカフェ文化は広がり、それらは新しくて近代的な意味を持つものとして人気が出た。一方、茶は公共空間において茶道として芸術性を高め、一部の目の肥えた人々を楽しませる嗜好品となった。これが公共空間における茶文化の保守性を高め、代わりにコーヒーが民主的な飲み物として広まった。

ということらしい。

 

 

コーヒーと日本人の文化誌: 世界最高のコーヒーが生まれる場所

コーヒーと日本人の文化誌: 世界最高のコーヒーが生まれる場所

 

 

 

tomyam9.hatenablog.com